WORKS
WORKS TOP  >  2018 - 右門 お菓子横丁店
右門 お菓子横丁店
埼玉 / 2018

「気取らない店」

かつて駄菓子の産地として全国的に名の知れた川越の菓子屋横丁。
その歴史は鈴木藤左衛門が江戸っ子好みの気取らない菓子を製造し、暖簾分けをしたことにはじまる。

そこで今回、菓子屋横丁に右門5号店を構えるにあたり、「気取らない店」をテーマに設計することを試みる。

実際には今まで歴史を積んできた建物の表情を極力残し、新しく作るものは極力存在感を消し、あたかもそこで昔から存在するかのようなデザインを試みた。

わらび餅の厨房は透明ガラスで覆い、その作業台は透明アクリルで作成した。
また、受付や物販の棚などは、スチール丸棒の格子で作成し、極力存在感のないデザインを施した。
さらに天井の電気配線は碍子(ガイシ)を使い、受付や棚に合わせた格子状のデザインとした。

私は「右門」が菓子屋横丁の中で、さらに歴史を繋いでくれることを望む。



デザイナー:吉田昌弘・堺大紀
写真撮影:宮本 啓介